なぞなぞの答え : 数の概念

< 説明 >

分身主義も、いつかはこの 「数の概念」 のようなものになって欲しいと思うのです。
数は、人間が発見した、この宇宙の中に書かれていた言葉です。分身主義も、人間が科学によって発見した、この宇宙の中に書かれていた言葉です。
数の概念は、世界中の子どもが、大人たちから習っていて、いつも頭の中にそれを持ち歩いていて、毎日のようにせっせとそれを使っているのだけれど、どんなに使っても、決して壊れたり、さびたり、形が変わってしまったりしません。

その子が手を広げた時、ネコにも犬にも猿にもあなたにも見えている彼の指ですが、その時彼が 「指が5本ある」 と認識する 「5本」 という数の概念は、ネコや犬や猿なんかには存在しないものです。
「概念」 だからその子にしか見えていないけれど、でも世界中の子どもから大人まで誰の頭の中にも 「数」 という概念は共通のものとしてある。

分身主義はこのような世界中の人の共通の概念になって欲しいと思います。
世界中の子どもが、大人たちから習っていて、いつも頭の中にそれを持ち歩いていて、毎日のようにせっせとそれを使っているのだけれど、どんなに使っても、決して壊れたり、さびたり、形が変わってしまったりしないものになって欲しいと思います。

この日常で誰もが使っている視点‥‥この宇宙という海の中で、溺れまいとしてもがいていた僕たち人間が発見した、ゆったりと手足を伸ばして浮かぶ方法、宇宙に身を任せる方法‥‥それが分身主義だからです。
そして、現代を生きる僕たちが、幸福になり世界を平和にするためには、分身主義の力を借りなければとても無理だからです。

分身主義が世界中の頭の中に定着した時‥‥、
その時、世界中の人の心から不公平感や不満や不安が取り除かれ、誰もが真の幸福を感じています。
その時、世界は平和になっています。

それだけを平和な世界と呼びたいと思います。